Max Frenzel

Max Frenzel Principal Researcher
ドイツ生まれ。インペリアル・カレッジ・ロンドンで物理学の博士号を取得。その後、東京大学で博士研究員として量子情報理論の研究に従事。2016年、AIに焦点を変えることを決心し、東京に拠点を置くスタートアップ企業に参加。2019年Qosmoに参加。近年は創造性、デザイン、そして音楽におけるAIとディープラーニングの応用に着目し、最近のプロジェクトである生成モデルのLatent Spaceを可視化した『Latent Pulsations』とニューラルネットワークによって生成されたサンプルのみから作られたドラムンベース楽曲『NeualFunk』は、機械学習と創造性に関する学会、NIPS Workshop「Machine Learning for Creativity and Design 2018」に採択された。ライターでもあり、Medium.comの人工知能、創造性、ライティング、生産性、リーダーシップといったカテゴリーでトップライターとして紹介されている。また、Taktileという名義で音楽を制作している。

Other Members